おumaちゃんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 別に講義を受けるような必要は無いけれど

<<   作成日時 : 2008/04/04 07:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

<thead></thead>



















































プロの学びなおしの住宅リフォーム
講座コード 81005
講座タイトル ―住宅リフォームのポイント―
プロの学びなおしの住宅リフォーム
曜日
時間 18:30〜20:00
回数 10回
受講料 本学学生15,000円、本学卒業生17,500円、一般20,000円
開催日 4/22、5/13・27、6/10・24、7/8・22、8/5・19、9/2
開催場所 工学院大学新宿キャンパス・中層棟4階
定員 30人
テキスト (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターから提供
講師名(肩書) 吉田 倬郎(工学院大学教授)
河合 春樹(アルコット建築設計事務所主宰)
田中 孝(タナカ建築設備代表取締役)
澤田 博一(建物診断センター代表)
平井裕一朗((財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター業務課長)
講座の内容と目標 建築を学ばれ住宅リフォーム業界に入られて数年の方を想定した学び直しの講座です。戸建住宅及びマンションのリフォームの実践現場で役立つ最新技術や知識などを設計演習なども交えて学びます。
各回の内容 1回:住宅リフォームの意義、重要性等について(吉田)
2〜4回:木造住宅の耐震性の向上・マンション専有部分のリフォーム(河合)
5〜7回:マンションの設備リフォームに関する設計・施工のポイント(田中)
8回:マンションの長期修繕計画に関する考え方と修繕の進め方(澤田)
9回:マンションリフォームにおけるトラブル事例とその対応(平井)
10回:総括・受講生との意見交換(講師数名)


http://www.kogakuin.ac.jp/sgakusyu/2008/spring_03.html



工学院大学エクステンションセンターは、多様な技術関連教育を社会人に提供し、技術水準の維持・向上や科学技術の発展に寄与すること、また、すべての人々を対象とする生涯教育活動も併せ行います。特に記載のない限り、どなたでも受講することができます。



 別にこの様な講座を受講する必要はないけれど、時折、個々に、又はグループで努力しているかだけの話であります。



 この業界の人と付き合ってますと、何かTax eater的になっているような気がします。自分では何もせず、政策頼み。ダメになると政策が悪いとなる。確かにその様な場面は残念ながら多い。しかし、間違った政策を起こそうとした時に、それを防ぐ術があるのだろうか?そうでなかればいつになっても進歩の無い、保護された産業になってしまう。ダメになった時にぼやき始め、そして何らかの対策をして貰うという事。



 会社内でもその事が反映して、会社は市況が悪い。政治が悪い。上司は下のものが悪い。部下は、上司が動かないとなる。これまた、その様な面は多いのですが、そんな事を言っていても誰も助けてくれない。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

別に講義を受けるような必要は無いけれど おumaちゃんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる