おumaちゃんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 今夜放送予定「星野仙一」 

<<   作成日時 : 2008/04/07 12:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2008年4月7日放送 テレビ東京午後10時より「カンブリア宮殿」


 本当は強いリーダーが必要なのか、それとも、個々が強くなるべきなのか?



強いリーダーを求めるのは、やはり、自己の自信の無い表れ。楽してついて行く事だけで



良いのだろうか?良い上司、良い部下を求めるより、自己のモチベーションを保つのが



本当の目的ではないだろうか? シュガー社員・カーリング世代…かあ。





「強いリーダーとは?
 “カミナリ親父”星野仙一が吠える!」



ゲスト:星野仙一
     (野球日本代表監督)



<dl><dt>【放送内容】 </dt><dd>

「燃える男」星野仙一。
現役時代はピッチャーとして、闘志をむき出しにバッターに向かっていた。
特に巨人戦には強く、長嶋・王を擁する時代に「巨人キラー」として名を上げた。



中日の監督に就任しても「燃える男」は健在だった。
選手を育てるため、チームを強くするためなら、時には鉄拳制裁も辞さない熱血指導で中日を2度のリーグ優勝に導いた。



一方、企業では過保護に育てられ自立心の乏しい社員、いわゆる「シュガー社員」が最近増え、それに伴い、どうやって部下を叱れば良いのか悩んでいる企業の管理職が増えているという。
自他共に認める「カミナリ親父」である星野仙一が考える、部下の心をつかむ叱り方・褒め方とは?



また、「弱小球団」の代名詞だった阪神タイガースの監督に就任し、18年ぶりの優勝に導き、「常勝軍団」にまで育て上げた、その手法はどのようなものなのか。



「最強のチーム」である野球日本代表監督の星野氏をゲストに招き、強い組織の作り方、部下の叱り方・能力の引き出し方、そしてリーダーの果たすべき役割について話を伺う。



さらに見事予選を勝ち抜き決まった北京オリンピックへの意気込みやこれからの日本野球界の在り方についての想いを聞く。

</dd><dd>

</dd><dd>

日経ビジネスを読むような野球人は星野さんと長谷川さんぐらいだと思いますが、(長谷川さんはもっとハイレベルかも)ひとつ違うレベルかも知れない。時折、意図的に遣っているなあと見えるところもあるので、評価については微妙でありますが、話を聞くことは意味があると思う。大きなヒントもあると思う。ノーブレス・オブリージュこの事がなくなっている現在。色んな事をする上では、自分にとって厳しい姿勢を持ってないと、何を遣っても表面的だったり、一時的だったりする。出井さんが言った、アメリカ方式だけでは10年も経営はもたない。という言葉がギッシリ重く感じられる。右上がりの社会と違って、誰でも良い時代ではなくなった今日。それでも、あまり物事を考えなくなった時代だからこそ、考えているのと流れだけというのでは、将来大きな差が出てくると思う。また、そう考えなかったら、何もできなくなってしまう。

</dd><dd>

(参考)キリンホールディング調査 

</dd><dd>

「新社会人の飲酒意識と仕事観」に関する意識調査」

</dd><dd>

http://www.kirinholdings.co.jp/news/2008/0404_02.html

</dd></dl>





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

今夜放送予定「星野仙一」  おumaちゃんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる