おumaちゃんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 第3回「粉飾の連鎖」

<<   作成日時 : 2008/06/28 08:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

      

NHKドラマ監査法人 第3回「粉飾の連鎖」

      

…2008年6月28日 本日放送予定

      

 健司(塚本高史)はシステム開発会社の監査に臨む。調査を進める中で架空循環取引による粉飾を発見。しかし吉野(勝村政信)は旧知である社長・北山(今井朋彦)の力になりたい、と粉飾を容認。健司は「会計士のクズ」だと吉野を非難する。そんな吉野を篠原(橋爪功)は東都銀行・監査主査の大役に指名、多額の不良債権に苦しむ東都銀行に手心を加えるように指示する。だが、吉野は健司と茜(松下奈緒)に、東都銀行の自己査定書を徹底的に洗い直すように命じる。国友頭取(竜雷太)は篠原に猛抗議をするが、吉野は姿勢を崩さない。やがて東都銀行はすでに破綻しているとの結論に達するが、慎重な吉野は最終判断を審査会に委ねる…。



http://www.nhk.or.jp/dodra/kansahoujin/html_kan_story.html



一度遣るとこの様な柵から逃れなれなくなる。その次は更に、一歩進んでしまう。



しかし、忘れてはならない事は、現実は企業・銀行悪 金融庁善 という単純構造ではない…。



Photo_2





宮島局長---利重 剛

財政監督庁検査局長。金融界の財務検査を行う官僚のトップ。小野寺たちを使い、腐敗した銀行にメスを入れ、日本経済の再生をおこなう。




こちらから 番組がアップされてます(1・2回)






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

第3回「粉飾の連鎖」 おumaちゃんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる