おumaちゃんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 前々から影で言われている事(とうとう記事になってしまった)

<<   作成日時 : 2009/04/01 00:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

米政府が景気指標操作?=市場は疑心暗鬼、経済誌指摘
 【ニューヨーク30日時事】最近の米株式相場の急反発のきっかけとなった景気指標の改善が、米政府の操作によるものだったのではないかとの疑念が市場で広がっている。30日付の米経済誌バロンズが指摘したもので、消費マインドの悪化による景気の冷え込みを防ぐため、政府が意図的に指標を操作したとの見方が出ているという。
 同誌は、最近の政府統計には、いずれも極端な「季節調整」が加えられていると指摘。例えば、17日に発表された2月の住宅着工件数は、実数が4万戸だったにもかかわらず、季節調整後の年換算では58万3000戸となり、市場予想を超える前月比22.2%の伸びを記録した。
 大幅な季節調整は同月の小売売上高、新築住宅販売、耐久財受注にも加えられており、いずれの統計も市場予想を大きく上回る結果となった。
 情報の意図的な操作があったかどうか、真偽のほどは不明だが、雇用統計など重要指標の発表を控えエコノミストらは疑心暗鬼になっている。(2009/03/31-10:12)
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a5%d0%a5%ed%a5%f3%a5%ba&k=200903/2009033100275 (記事消えないように…)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

前々から影で言われている事(とうとう記事になってしまった) おumaちゃんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる