おumaちゃんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ファー」

<<   作成日時 : 2009/04/06 07:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「サッカー」ゴール

日本人選手が、サッカーのゴールシーンで一対一の時にミスをするのをよく見る。何でなんだろう?こんな事を考える時に今回のテポドン2に関する一連の流れの中で見えたような気がする。

マスコミ・政府(防衛省を含む)・国民のそれぞれにそれぞれの立場で見えてしまう。
それにしても、最後には、こんな状態だから防衛費はもう少し多くてよいとなるのは、正直救われないなあと感じた。なんでこれほどまともな論議さえ出来ないのだろうか?

基本的に、今回の問題は、日本に対しては、ノドンミサイルで対応できるのだから、テポトン2については、対米対策な訳で、そこからしてミスリードであります。ノドンミサイルの問題点は、ピンポイントで当たられないだけで、今現在100基を超えるノドンミサイルが実戦配備されている訳でその面で昨今言われている、間違ったら落ちてくるという話とは違う。

それは兎も角、予告されながら対応が上手くいかない。初日の誤報、二日目の二段目ロケットの確認などをみていると判る。実際は、予告なして起こるのだから、その際の対応は、サッカーのゴールシーンを想像出来る。

画像


「ムスダンリの発射台映像」
http://maps.google.co.jp/?ie=UTF8&ll=40.855395,129.666004&spn=0.002828,0.002891&t=k&om=1

この事は、サッカーの事や防衛の事だけではない。日頃の商売についてもなんとなく見え隠れするような気がする。日頃の積み重ねが何か、足りなさ過ぎる繰り返しがあるのでは…?そして、その先には、架空取引といったものが待っているような気がする。まあ、サッカーの場合、架空のゴールとは出来ないですが…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

「ファー」 おumaちゃんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる